生前予約

生前予約はあなたの個性に合った葬儀式をご提供いたします。

自分の葬儀の行ない方をあらかじめ決めて、 費用などの準備をしておく「生前予約」への関心が、今高まっています。
これは、形式にとらわれないで自分らしい最期を迎えたいという人が多くなってきたことに加え、高齢者だけの世帯が増えて、 葬儀への不安が差し迫った問題となってきていると考えられます。
また、葬儀内容の決定は通常だと、故人が亡くなられてから短時間で決定されるため、遺族からは、葬儀費用に対する不満も聞かれます。
友善社では、こうした不安や不満を解消し、自分らしい葬儀式をご希望の方のために、「生前予約システム」を設けております。 

生前予約のメリット

 ❶ 形式にとらわれない自分らしい葬儀が行えます。

 ❷ 共済・保険を使えば自分の死後も遺族への負担を軽減できます。

 ❸ 相続財産の税額資産及び分割方法、遺言書の書き方の不安に対処できます。

 ❹ 葬儀費用が納得のいく予算で、自分で決められます。

生前予約のメリット

申込について

①当社所定申込書(3枚複写)に必要事項を記入していただき、申込書1枚、申込金と共に当社でお預かりし、保管いたします。

※申込金に対しては領収書をお渡しいたします。
※クーリングオフ期間として2週間を設けております。

生命保険・各種共済等をご利用の場合は、その旨をお申し出ください。
その写し又はコピーを申込書に添付していただきます。
※この時、訃報連絡員の立会人(2名)立会いのもと契約していただきます。

②申込書、複写2枚を予約申込み者にお渡しいたしますので、1枚を本人の保管用として、
また、もう1枚を喪主となる人又は信頼のおける身近な方に保管をお願いします。
また、立会人であり、訃報連絡員になっていただく方には、立会人証明書をお渡しいたします

契約変更・途中解約について

③予約した葬儀携帯を変更したい場合は、お気軽にお申し付けください。

一番新しい申込書を有効として施行させていただきます。

④途中解約は自由ですが、その場合申込金は事務手数料として当社に収納させていただきます。

⑤ご希望の方には1年に1回、ご連絡をさせていただきます。 

万一の場合…

⑥万一、ご予約者がお亡くなりになった場合で、申込書が葬儀式後に開封される事となったり、

申込者死亡の連絡が当社になかった場合は、生前予約・儀式は実行されません。
その場合、申込金は事務手数料として当社に収納させていただきますので、ご返金はできません。
その様な事がないように、申込書の1枚を信頼できる第3者にお預けいただき、また、立会人(訃報連絡員)を2名、置いていただくことをお勧めいたします。

⑦この生前予約・儀式が、実行された場合は、申込金は葬儀費用の一部として充当いたします。